お知らせ

新しい器を求めて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当店の丼や皿は、店主が絵柄と形をデザインをしたオリジナルの物を使用しています。

今回、ざるらーめんの丼を新しい形の物にしようと、いつもお世話になっている岐阜県土岐、美濃焼の里の丸敏窯さんにやってきました。

ひとくちに丼といっても難しいもので食べる時に持ちやすく、食べやすい形を考えなければいけません。

いろいろなサンプルを元に形を決めるのに苦労しましたが、なんとか新しい形を決定しました。

新しい型を作って頂くのに、1ヶ月、そこから素焼きをして絵付けをし、釉薬を塗って焼き上げるまでに更に1ヶ月。

8月に新しいざるの丼が登場します!

DSC_0249

関連記事

季節限定らーめん

  1. 9/21(水)~【秋野菜の秋刀魚つけ麺】昼限定15食 1100円販売します

    カツオ、煮干しの出汁が効いた与ろゐ屋スープに、さらに秋の味覚「秋刀魚」の旨味を加えた塩つけ...

人気のメニュー

  1. 明日、12月26日(土)からこの時期、毎年の恒例の柚子切り塩らーめんを販売致します。
  2. 食欲の秋にぴったりの与ろゐ屋初!濃厚タイプのつけ麺。秋の味覚サンマの旨味をまとわせました。
  3. 9/20で終了となりました。次回の季節限定は今しばらくお待ちください。